PUBLICATIONS 書籍 一覧を見る
 
 
 
日本の石油化学工業   
2017年版
日本の石油化学工業

 

環境対策も進めながら国際競争力をつけることが急務となった我が国石化工業と、業界地図の現状をまとめた年鑑本

目次

 
 
 
購入申込
 
 
アジアの石油化学工業  

2017年版
アジアの石油化学工業

 

注目の中国は今後さらにどう動くのか、目が離せないアジア石化工業の現状をまとめた年鑑本

目次

 
 

 
購入申込
 
 
化学品ハンドブック  
化学品ハンドブック
2017

btn_new.gif 

需給実績、価格推移がひと目でわかる、「化学ウォッチャー」必携の書

目次

 
 
 
購入申込
 
 
日本企業のアジア進出総覧  
2017
日本企業のアジア進出総覧
btn_new.gif 大幅リニューアル!!

激動する世界の中で、生き残るための海外進出データ集 <CD-ROM付>

目次

 
 

 

 
購入申込
 
 
フルードパワー工業総覧   

2016年版

フルードパワー工業総覧

 

我が国の油圧、空気圧機器などフルードパワー機器を企業、需要、取引の各面から資料収集、分析した総合年鑑

目次

 
 
 
購入申込
 
 
全国新工場・プラント計画  
全国新工場・プラント計画
2017年版

btn_new.gif 

2016年の日本国内の新工場建設計画やプラント増設計画を表形式で見やすく整理し、多様な業種の営業資料にご活用いただける一冊!

目次

 
 
購入申込
 
 
プラント輸出データ便覧  
プラント輸出データ便覧
2017年版

btn_new.gif 

1年分のプラント・エンジニアリング案件などを見やすく整理し、利用しやすくまとめた年鑑本

目次

 
 
購入申込
 
 
book20.jpg  

日本のプラント輸出

50年成約実績集

 

プラント輸出情報紙「重化学工業新報」で海外のプラントプロジェクトの動向を報じてきた、重化だからこそ作成可能な50年分の案件集 。収録件数は1965年から2014年までに成約した50年分で約1万3千件にものぼり、この成約案件はエクセルデータとしてCD-ROMにも収録。

目次

 
 
 
購入申込
 
 
日本の石油化学工業 50年データ集    

日本の石油化学工業

50年データ集

 

年鑑「日本の石油化学工業」

出版50周年企画
単に石油化学工業の産業史を概観するだけでなく、小社が一貫して追及してきた設備投資という定点観測により積み上げたデータ

目次

 
 
 
購入申込
 
 
最後のフロンティア ミャンマーの可能性  

後のフロンティア

ミャンマーの可能性

 

ビジネスにおいてミャンマーで成功するための欠かせない条件は何かをあらためて振り返る指南書

目次

 
 
 
購入申込
 
3カ国語会話集(トラベル編) 日本語<>ミャンマー語<>英語  

3カ国語会話集(トラベル編)

日本語<>ミャンマー語<>英語

 

ミャンマー旅行中に必要な最低限の会話を収録。3カ国語対訳なのでミャンマー人にも絵柄で即通じる。

目次

 
 
 
購入申込
book19.jpg  

日・英・ミャンマー3カ国語対訳

経済貿易・機械・医療関連用語集

 

日本とミャンマーのビジネス促進手助けのツールとしてご活用を!! 約5,000語収録!!

目次

 
 
 
購入申込
  NEWS 新着情報  

 

     
 
ENN  エンジニアリング・ネットワーク
ENN
エンジニアリング・ネットワーク

RSS

 
     
 
17/07/10 【特集】 期待高まる北米プロジェクト
シェールガスおよびシェールオイルの産出に沸く北米。この地域のプラント市場が最近、活気付き始めた。2022 〜 2023 年にLNG需給がバランスして、それ以後は供給不測が予想されることから将来を見据えたプロジェクトが具体化に向かって動き出した。LNGプラントの建設に要する建設期間は4〜5年。今から準備を始めないと5年後に供給不足に陥る可能性がある。その一方で、安価なシェールガスは化学産業の原料や発電プラントのエネルギーとしての利用が検討されている。これを背景に、化学や電力プロジェクトが活発化しそうだ。北米プロジェクトへの期待は今、急速に高まっている。

【総 論】
 多様化するエネルギーに翻弄される北米プラント市場
 在来型・シェール・再エネが動かす市場

【化学プロジェクト】
 動き出した北米化学プロジェクト
 LNGプラント中心に大型化学プロが具体化へ

【重電プロジェクト】
 シェールガスが動かす北米電力プラント市場
 コストと州政府主導で火力発電ではガスが主力
17/07/10 日揮、米西海岸初のLNGプラントを受注
ジョルダンコーブ向けVersen社から

日揮〜米Black&Veatch〜米Kiewettはこのほど、米VersenからジョルダンコーブLNGプラント(年産390万トン×2系列)を受注した。プロジェクトのFID(最終投資決定)は2019年の予定。プロジェクトは、米オレゴン州のジョルダンコーブに年産390万トンのLNGプラント2系列を建設するもの。
17/07/10 伊藤忠など、ネシア発電所拡張工事でEPC受注
富士電機とIHIが石炭火力発電設備一式を納入

伊藤忠商事および富士電機、IHIの3社からなるコンソーシアムは、インドネシア国営電力会社のPT.PLN(Persero)による、同国カリマンタン島南カリマンタンに所在する石炭火力発電所に増設する拡張プロジェクト(Kalselteng2石炭火力発電プロジェクト)のEPC(設計・調達・建設)契約を・・・
 
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 

 
 
     
 
工業設備新報
工業設備新報

主要ゼネコン別発注を新設しました

詳細はこちら

WEB版<Fcnews>はこちら

RSS

 
     
   
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 
     

 

 

 
 
     
 
石油化学新報
石油化学新報

WEB版<Jchem-News>はこちら

RSS

 
     
   
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 
     

 

 

 
 
     
 
重化学工業新報
重化学工業新報

WEB版 <JKnews> はこちら

重化学工業新報について

RSS

 
     
 
17/07/21 【特集】 JAPEX、2017年度設備投資計画は456億円〜推進中案件に集中
−相馬LNG基地建設とカナダのオイルサンド拡張開発に重点−

石油資源開発(JAPEX)は2017年度設備投資として456億円(前年度比33.2%減)を計画する。2017年度設備投資計画額は、昨今の厳しい市場環境を踏まえ、投資キャッシュフローの抑制とコストの削減、新規案件の精査を図るなど抑制する一方、相馬LNG(液化天然ガス)基地(福島県新地町)の建設等、およびカナダのハンギングストーン鉱区(オイルサンド)の拡張開発といった現在推進中の大型プロジェクトに集中。

■現中計〜E&P/国内ガス供給/環境・新技術を軸に戦略堅持
■カナダのオイルサンド拡張開発〜生産開始へ佳境入り
■カナダのシェールガス・LNG計画〜LNG設備の建設検討
■インドネシアのカンゲアン鉱区〜TSBガス田2期を準備中
■イラクのガラフ油田〜増産に向けた段階的開発を準備中
17/07/21 【輸送】 日本信号、バンコクの都市鉄道向けに自動料金徴収システム受注
−住商から成約〜信号システムの獲得も視野−

日本信号は、タイのバンコクで建設中のレッドライン(Red Line)都市鉄道向けに自動料金徴収(AFC)システムを受注した。発注元は住友商事で、最終顧客はタイ国鉄(SRT)。

■ジャカルタの鉄道にも信号とAFCを供給〜三井物産等から成約
17/07/21 【水】 アベンゴア、モロッコで大型海水淡水化プラントの建設契約締結
スペインのアベンゴア(Abengoa)は、モロッコの国営電力水道公社(ONEE)と農業・海洋漁業・地方開発・農林水産省(Ministry of Agriculture, Fisheries, Rural Development, Water and Forests)との間で、大型海水淡水化プラントの建設契約を締結した。
 
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 

 
 
     
 
新エネルギー新報
新エネルギー新報

btn_check.gif  無料でインタビュー記事を読む!!

インタビュー記事はこちらから

WEB版<新エネルギー新報>はこちら

RSS

 
     
 
17/07/20 【特集】 新エネルギーの経営戦略
■ 日立造船、2019年度目標売上高4,300億円などの中期経営計画
  2030年度売上1兆円に向けた布石
■ 住友重機械、2019年度売上目標環境プラ1,500億、全体で8,000億円
  フォスターウィラーCFBボイラ事業買収などで世界に攻勢
■ 大林組、5カ年の中期経営計画で再エネ事業に1,000億円投資
  風力発電に注力、発電事業者にも
■ 日新電機、電力パラダイムシフトの対応ビジネス拡大
  2017年3月期売上高は過去最高
■ 伊藤忠エネクス、2016年度営業利益が過去最高の104億円
  純利益200億円に向けた2年間の中期経営計画
■ イーレックス、3〜4年後に掲げる売上目標1,000億円
  事業環境変化受け中期経営計画見直し
■ 住友大阪セメント、ベトナムのLiB正極材工場増強完了
  発電事業でバイオマス発電に参画
■ 東光高岳、電力業界の投資抑制で3カ年計画を下方修正
  アグリゲーション実証の知見を早期事業化へ
■ 三井化学、2020年度営業利益目標1,250億・3年で3,500億投資枠
  LiB電解液生産増強、太陽光発電所診断事業など注力
■ 積水化学、2019年度売上目標1兆2,000億・営業利益1,200億円
  2020年代2兆円売上目指し新中期経営計画策定
■ 中電工、首都圏受注拡大などで2024 年度目標売上高2,000億円以上
  都市圏売上650 億円などに向けた長期ビジョン
■ トーエネック、2019年度にかけて再エネなどに総額1,000億投資
  目標売上高2,200 億円などの中期経営計画
17/07/20 【トピックス】 エネルギープロダクトなど、千歳市で蓄電池併設メガソーラー
17/07/20 【クローズアップ】 東電など、富士市で地域エネ供給事業に向けて協定締結
岳南鉄道線軌道敷活用の地域電力事業に採択
 
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 

全国メガソーラープロジェクトリスト無償提供

 
 
     
 
産業機械新報 産業機械新報

RSS

 
     
   
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 

 
 
     
 
関西プロジェクト情報 関西プロジェクト情報

RSS

 
     
   
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 

 
 
     
 
AMRアジアマーケットレヴュー
AMR
アジア・マーケットレヴュー

<ABT>はこちら

RSS

 
     
   
 
  購読申込   サンプル申し込み  

一覧を見る

 

 
?